あれこれ

日々の日常で気になった事のあれこれを綴っています。

落ち着いて「国難突破解散」



すごい技の様に聞こえる解散ですが、年率10%を借金の返済に充てるのではなく
一部を社会保障と育児に充てる政策にしたいから解散しますということです。


そこで、タイトルの「国難突破解散」。
何の国難なんですか。今まで国難なんて言葉を使った人がいたんでしょうか。それ言ったらいつでも国難ですから。


トランプさんみたいにキャッチフレーズを入れましょうと政策秘書が提案したんですよね。意味を乱用しないでください。


税率上げるけど違う方向に使ったら有効票が集まって自民党が勝つんですか。
社会保障と育児に充てたいというのは、2つに分けているようでどうせ社会保障費が無理言っているから内側から突っ込まれたんでしょう。育児は投票率が上がるからでしょう。


その点、東京都知事はうまく流れに乗っていますね。でも目的は総理になりたいんだと思いますよ。時事ネタで勝てる内容ばかり。次は給食とか食の安心で攻めてくると思います。


なんか誰が責任をもって行動するのかわからない世界になっている。


こんなん書いてるのに
一番落ち着いてないのは自分だけ!?









浮気する奴が悪い!

政治家がたくさん浮気していて景気も良いみたいですね。


景気が良い指標に使えるかも。



今季の浮気率は


 政治家浮気率(予想) 8人
 政治家浮気率(結果) 10人(+2)


今期は予定より2人多く景気も良くなるでしょう。見たいな(笑)


それで給料が上がるなら浮気しまくってほしい(笑)





さてさて、浮気は何でダメなんでしょうね。



僕の考えでは個人の倫理観、法律の財産の2点です。


それで実際に浮気すると、許せないとう倫理観が働いてダメなんだと思います。
財産の余地はほぼない。財産が欲しければ浮気してほしいと思っているはず。




なので、浮気は感情論なのかなと思います。
さっきの話に戻りますが政治家の浮気率が高くなると
景気が良いなら浮気してほしいと思いませんでしたか。



思わない人もいると思いますが


思った人の場合だと
他人より自分の金の方が重要なんです。
そうすると浮気が良いとか悪いとかはあやふやになります。


人は感情で動くんだなと(笑)
















もっと言うと、浮気されてもし裏切られたと思わなかったら、、
自分の小遣いの範囲でしなさいよ。それ以外はださないという状況になりますよね。
この状況は会社と同じ、相手が頑張らないなら知らんという構図です。
これじゃ世知辛いですね。


浮気どうこうという感情論ではなくて


パートナーとどれだけ心が通じあっているかで判断するべきだと思うんですよね。


浮気=悪いの図式は感情論です。


浮気禁止という法律があるのかなと思ったけどどうなんでしょうか。
財産分与以外の刑罰ないのかな。



政治家のスキャンダルだけの景気が上がれば
浮気、あそうですか、じゃあ更迭しましょう。
次の人はこの人で、はい、入れ替えましょうとなって
何も変わらないけど、もっと気軽になるはずです(笑)